大手vs地元の不動産業者、どちらがいいの?

CMなどで目にする大手不動産業者の方がたしかに安心感はありますが、それだけで選んでしまうのは、とてももったいないことです。あなたのマンションの立地に詳しい業者であればあるほど、高値での売却も期待できますので、地域に根づいた業者に依頼するのも、とてもオススメです。地域密着型の不動産会社の見分け方は、登録免許番号を見れば一目瞭然です。その番号が古ければ古いほど、その土地で長く経営している業者なんですよ。

大手業者の特徴

住友不動産、野村不動産、三菱地所、三井不動産、東急リバブル、センチュリー21…

というような、大手の業者は一般的に「安心」「信頼感」というようなイメージがありますね。
これらのような、大手不動産業者はブランド化されていて、そのイメージを汚さないよう、きちんとした運営と教育をされているようです。

また、実際に、お客様から多くの支持を受けて、運営をされているということを聞きます。

大手業者に売却を依頼するメリット

  • スタッフが大勢いるので、何かあった場合の対応をスピーディーに対応してくれる
  • 中小規模の不動産業者よりも、資金力があるので、広告展開を広く行ってくれる

大手業者のデメリット

  • 広い地域で活動してる場合も多く、必ずしも、地域に詳しいというわけではない。
  • 社内での情報共有が、中小規模よりも、劣る可能性もある。

地域密着型業者の特徴

一方で、中小規模の地域密着型の不動産業者はどうでしょうか。

もしかしたら、あなたは今、地元の不動産屋さんでは売却まで面倒を見てもらえないと思っているかもしれませんね。実は、地域密着型の不動産業者もしっかりとした売却仲介を行ってくれます。

大手には出来ない、地域に根付いたプロモーション活動は何よりの強みです。

また、購入希望者や、その担当業者からの問い合わせにもしっかりと対応してくれるでしょう。
たとえば、「○○小学校の学区域になりますか?」という問い合わせが入った場合、大手ではそこまで熟知していないかもしれませんが、
地域密着型の業者であれば、即答することができ、成約の決め手になるかもしれません。

地域密着型業者に売却を依頼するメリット

  • とにかく、地域情報に詳しいので、どんな問い合わせにもしっかりと対応してくれる。
  • 地域の特徴を把握しているので、物件が古くても、何らかの付加価値を与える情報を提供して、高く売ってくれる可能性がある

地域密着型業者のデメリット

  • 資金力が大手より劣るので、広告費があまりかけられない。
  • スタッフが少ないので、内覧スケジュールの調整が必要になる可能性がある

このように、それぞれのメリット・デメリットがあるため、どちらが良いというわけではありません。実際のところ、正解は「業者の規模ではなく、担当営業マンの腕がすべて」という部分が大きいです。ですから、まずは様々な業者に査定を依頼して、その中から、あなたと相性の良い担当営業を見つけることが大切だと考えます。相性とは、性格的な相性もそうですし、知識量などから察することができる「この人なら安心できそう!」という感覚的な部分です。

とにかく、様々な業者とコンタクトをとり、あなたをサポートしてくれる大切なパートナーを見つけることが重要です。

不動産査定